最近神戸で話題になっている1.5次会と2次会の違いについて

SITEMAP

愛を誓う2人

1.5次会と2次会の違い!

キス

今回は最近神戸で話題になっている1.5次会と2次会の違いについて書きます。まず、神戸の1.5次会のイメージは披露宴ほど豪華じゃなくて、2次会よりは真面目なパーティーです。なので披露宴よりの部分と2次会よりの部分があり、捉え方によっては、それぞれの良いとこどりをしたのが神戸の1.5次会とも言えます。では、違う点についてまとめてみました。
初めは服装から見ていきましょう。1.5次会は、会場がホテルの場合も多く、服装は主催者側の指示が特にない場合は、正装でいく方がベターです。ラフなワンピースでは浮いてしますおそれが!
二つ目は会費の金額です。これもあくまで目安ですが、2次会が6~8千円であるなら、1.5次会は1万~1万2千円ほどします。
三つ目に食事です。会費金額の差は料理のクオリテイーです。2次会はビュッフェ形式が多いですが、1.5次会はきちんとコース料理であることが通常です。披露宴ほどの品数や質はないかもしれませんが、良心的な会場だったら、けっこう本格的な料理を提供してくれることもあります。
最後にゲーム等の企画です。これは、主催者もしくは幹事を引き受けた方の采配でしょうが、あまり無茶ブリなゲーム等は1.5次会ではやらないと思います。会場の雰囲気に合わないと思います。ただし、1.5次会も会費制なので、みなさんからの資金を料理以外で返すのが筋、景品か引菓子をちょっといいものにするなど、工夫があると思います。

1.5次会をすすめるワケ

神戸でも1.5次会の知名度は上がってきましたが、具体的にぼんやりの方もまだまだ多いと思います。極論を言えば、披露宴と2次会の良いとこどりをしたのが神戸の1.5次会だと思って下さい!より詳しく神戸の1.5次会を知ってもらうために具体的にメリットをまとめてみました。
一つ目は、にご祝儀じゃなくて会費制なので披露宴のような大赤字にならないことです。もちろん、撮影や会場でのオプションを盛り込めば、主催者さんの自腹になりますが、披露宴では当たり前の引き出物・お車代・宿泊代等は、なくなり、資金源も把握できるので、運営の見通しがたち、計画が立てやすい。
二つ目は、食事が豪華なのでゲストも満足できるという点です。2次会はビュッフェ形式がほとんどで、正直全然食べれなかったということも少なくない。けれど1.5次会は2次会より会費こそ高いが、披露宴と大差ないほど、しっかりしたコース料理を食べることができます。ゲストも落ち着いて食べれてよかったという声が多いです。
三つめは、いらない企画は削れるので主催者は自分の好きな企画に時間をたくさん使えるから満足できる点です。上司の無駄に長い挨拶(時間おしてますけど)花嫁の無駄に多いお色直し(全然話せなかった)花嫁の手紙(男性ゲストは大半がしらけてます)友人からの謎なサプライズイベント(すべると痛いリスキー)などなど。主催者・ゲストの両方がいらないと感じているあるある内容はざっくりカット!どちらも、楽しめる素敵な会にできるのが1.5次会の一番の魅力ではないでしょうか。

最近、聞くようになった1.5次会とは

最近神戸で、1.5次会という言葉を聞くようになりました。会社の飲み会の話かと思いましたが違うようです。結婚式に関する話だそうです。結婚式で2次会というのは昔からありますが、その結婚式で、1.5次会という言葉が最近出てきたようです。例えば海外で結婚の挙式をした場合、または海外じゃなくても国内で遠方になると中々来れない人がいます。旅費もかかります。
また結婚式の披露宴で親族だけ参列する形式にした場合も親しい友人は参加できません。挙式とは別に友人を呼んで式を開く必要も最近は出てきたのかもしれません。それで神戸の1.5次会ですが、結婚式というとご祝儀を持っていかなくてはなりません。これは具体的に金額をいくら持っていけばいいのか決まっていませんから、悩むところです。ところが、神戸の1.5次会というのは、会費制の方式をとるらしく、祝儀でいくら出すかを悩まなくてすみます。そして開く日程の組み方も自由で決まりがないです。これは結婚式の披露宴と結婚式の2次会のいいところをとってみた方式なのかもしれません。
しかし、1.5次会というのは、どの服装を着ていけばいいのかで悩みそうです。結婚式の披露宴と2次会の間の服装だそうです。結婚式の2次会はカジュアルな服装になりがちです。それよりも形式的な服装で、しかし披露宴ようなきっちりした服装ではない。服装をどうするかで1.5次会に出るときは悩みそうです。


結婚式の2次会までの時間を有意義に過ごすなら1.5次会を神戸で行うといいでしょう。1.5次会を神戸で行うだけでその日の参加者の盛り上がり方も変わります。素敵な一日にするためにも神戸で1.5次会を活用していくようにしましょう。

POST LIST

TOP